目の後遺障害についての考察
このホームページは
目に関する情報を中心に
目の仕組みや特に交通事故による目の怪我などについてご紹介しています。

交通事故の場合、腕や足などを毛がする場合もありますが目の怪我と言う事も決して珍しくありません。

その状態によってはそれ程心配する必要はなく自然に状態が改善していく場合もありますが、一般的には素人判断はとても危険で、出来るだけ早い段階で眼科で治療を受ける事が重要です。
怪我の状態、度合によっては最初はかなり傷みが強く、さらに目の見え方などにも影響を与えてしまう事もありますが、眼科的な処置をする事によって数日で軽減する物も多々あります。


一般的に眼科で治療をする場合、薬は目薬となります。

病院で指示された様に点眼する必要がありますが、数日使って行くと症状が良くなる事も珍しくありません。
ただ実際には良くなったと本人が感じているだけで、まだ完ぺきには良くなっていない場合も多々あります。
従って、点眼する場合はもうそれをしなくても良いと病院で言われるまでは続ける様にする事が重要です。


また、もう一つ気を付けるべき事が、急に眼の状態が変わってしまう事があると言う事です。
何かが目にあたってしまう、いわゆる眼球打撲の場合は視力が一時的に下がってしまったとしてもその後回復する場合も少なくありません。

また反対に良くなると思っていたのになかなか良くならない、事故直後はそれ程悪いと感じなかったのに急激に目の状態が変わってしまうと言う事もあります。

そういう場合は出来るだけ早い段階で病院に行く事が重要です。



一般的にはシートベルトの着用強化によって事故時に顔面を強打してしまうと言う事はかなり減って来ました。
その為、顔面強打による失明と言うのは減ってきた野が現状です。
とはいっても交通事故の場合、何が目にあたってしまうか、さらに何かが目に影響を与えてしまうと言う事も多く、最初は平気な状態でも徐々に視力が下がってきてしまうと言う事もあるので注意しなければいけません。 基本的に薬は点眼となっていますが、目薬はその種類によっても扱い方が違っています。
正しく利用する事も重要ですが、正しく管理する事もとても重要となります。


人間は視覚から多くの情報を得ている為、目に何らかのトラブルがある事は出来るだけ避けなければいけません。
出来れば目を普段からガードしておく事が重要ですが、交通事故等予測できない物に関しては予めの準備と言うのが出来る訳ではありません。
従って、交通事故が遭った場合は速やかに眼科で治療を受ける事、さらに治療は医師の指示に従って正しく行う事が重要です。




目の後遺障害についての考察
目の病気
交通事故で目の後遺症

目のMENU
最終更新日
2014/07/08